NPO北海道ネウボラについて

設立趣旨

『ネウボラ』 とは、 フィンランド語で『アドバイスの場』 という意味を持つ子育て支援施設です。

妊娠期から学童期に至るまでの間、 一貫した子育ての悩みについて相談に応じます。

専門のスタッ フが常駐し、 妊娠期からの家族へのアドバイス、 健康のチェッ ク、 予防接種に至るまで幅広く 子育て家族をフォローします。 出産後も、 子育ての悩みはもちろん、 家庭環境や経済状況など、 どんな内容の相談にも応じ、 様々な悩みに対するアドバイスをします。

施設での面談だけではなく 、 自宅へ訪問しての面談にも応じます。

地域に密着し、医療機関と連携していることはもちろん、教育機関とも連携して、子どもに関わる問題のすべてに対応します。

現在、 女性に対して『出生率の向上』 『女性の就業率の向上』 という、 対極にあるの2つの課題が突きつけられる時代となり、 女性のみが育児を負担することでは、 『子育て』 と『仕事』 の両立が難しいのが現状です。

そのため、 男性の育児参加、 ワークライフバランスの充実が必要であると、 最近では広く 認識されるようになってきました。

これらの課題解決のためには、 『ネウボラ』 のように、 妊娠期からの産後についての教育、 及び、なんでも相談できる、 こころのよりどころとなるような、 『妊娠期からの一貫した切れ目ない子育て支援が必要』 であることを広く 北海道民に伝える必要があります。

また、 核家族化や片親世帯が増え、 子育て中の悩みを抱えたまま孤立するケースも見られ、 実際に虐待やネグレクトなどの被害にあってしまう子どもがいるのが現状です。

そんな中、 子育て世帯に限らず高齢者世帯など地域とのつながりが重要視する声があがっています。

全国各地では、 すでにモデル事業としての『日本版ネウボラ』 で、 地域を包括する様々な試みがなされています。

本研究会は、 フィ ンランドにおけるネウボラや日本版ネウボラの各地の取り組みから、 北海道全域と人口1 90万人大都市札幌において、 『北海道版ネウボラ』 をどう展開できるかについてを、 子育て関係者に限らず、 福祉関係者、 医療関係者、 教育関係者、 研究者など、 多方面の専門家が参画し、連携を図りながら学び、 かつ、 北海道民に理解を広げていく 活動をすることを目的として設立するものです。

ビジョン

子育て家族と地域のみんなが、幸せに生きるためのつながる社会

ミッション

●妊娠期から切れ目なく、子どもを持つ家族の困りごとすべてに応じる、ワンストップの相談窓口ネウボラを作ります

●地域の力で子育てを支えるために、地域と密着した「お互いさま」の仕組み作りと理解を深めるための活動をします

●子どもを中心とした社会の形成のため、女性の仕事と育児の両立のため、男性と女性の相互理解を目指します

●仕事を望む子育て中の家族が、望む仕事を持ち、望む能力を発揮し、自分らしく活躍するため、復職・両立を支援します

●子どもを中心とした社会の形成のため、世代を超えた価値観・ライフスタイルの多様性との共生への理解を深めるための活動をします

組織

役員
代表  五嶋 絵里奈 
北海道子どもの未来づくり審議会委員
ハッピー・ファム合同会社 
http://happyfam.co.jp

活動内容

北海道ネウボラ研究会 主催
北海道ネウボラミーティング 主催
札幌女子ネウボラミーティング 主催
子育て相談室「モイ・ルーム」 開催
プレママとベビーママのひろばMamMamステーション 開催
札幌市あいの里児童館子育てサロンイベント企画協力
各種子育てイベントの開催
ファミリー支援員資格認定講習主催

メディア報道実績

北海道新聞、日本経済新聞、毎日新聞、地域新聞ふりっぱー、子育て情報誌クルールさっぽろ、まんまる新聞、NHKニュース、HTBニュース、TVHワールドビジネスサテライト、J:COMニュース、ラジオカロスさっぽろ、FMしろいし、ホンマルラジオ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close